Monthly Archives: March 2013

最後の夜の反省 Last Night Reflections

悲しみと喜び。回想と心残り。愛と断腸。満たされた希望とまだ満たされていない希望。過去について、「もしかすると?」と聞いて、将来について、「どうしよう?」と聞いて。私の感情はたくさんあって全部を書くのは絶対に無理だと思う。この最後の日本にいる夜、残っている望みが多い。本当に上智大学四年生友達の明日の卒業式を見たかったんです。切符を買うときに知っていればよかったのに。でも、おめでとうございます!あなたがたのためにうれしい。卒業のあとの予定でもがんばってくださいね。皆の友達に挨拶することもっと時間すごしたかったんです。会えなかった人が多いから:和敬塾、合気道部、KGK、前の同級生、ほかの友達も。実際にもう一年間すごしたいよ。本当に日本の大学生としてもう一年間を過ごしたいんです。私が離れている学生生活をしている友達をみる。授業とか新入生とか新しい学年のために準備していることを見て桜も見る。出る前に桜を見て出来たことはうれしい。見るかどうか分からなかった。でも、なんか私の時間がいきなり切られる気がする。ミシンの中の布がいきなりそのミシンから破れるみたいだ。この前の一年間にたくさんのことが入っているんだ。たくさん習って、経験して、いろいろように成長できた。たくさんの友達を作って人に会えた、日本人も外国人も会えた。いろいろ場所とものも見られた。出る時間になった今、「さようなら」ということはなかなか出来ないと思う。この夜がもう着いたのは信じられない... でも、出る痛みの中で全部この感情と考えが私の心のなかに旋風みたいにあっちこっち吹かれていて私を割るところのことの中で、思い出してこの一年間 を感謝する。とてもよかったです。そして、神様はよいんです。いろいろ状況があったのに、ここにこられたのはすばらしい。気が大きい神様に感謝して褒め称 える。出たくないのに、時々次のことをもらうために現在のことを離さなければならないということ分かる。それと同じように、この冒険から次の冒険に行く時 間になった。帰っているけど、実は、もともとのところに戻ることが出来ないほど私も出身も変わったはずだ。あるようにアメリカに帰ることは楽しみにしてい る。たくさんの家族と友達に会うことがあるし、自分の卒業準備もあるし、日本に帰ってくる前にアメリカにいろいろしたいことがある。どうもそれなりに冒険 になりますね。 この間に会った日本人友達のみなさんにありがたいです。まことにみなさん各人に感謝します。和敬塾の寮生にいろいろ楽しいこととコミュニティ、あり がとうございました。合気道部の友達と先輩と先生、ありがとうございました。上智大学と御茶ノ水ブロックとNCのKGKの友達、いろいろ友情と励まし、あ りがとうございました。上智大学の授業の同級生、ありがとうございました。もっと一緒に授業をとりたかったです。ぶどうの樹キリスト教会の友達、励ましと あたたかい交わり、ありがとうございました。偶然道とか電車に出会った人たち、ありがとうございました。名前をなかなか覚えられなかった人たち、本当にあ なたがたも感謝しますよ。私の旅行の間に会った人たち富士山とか、北海道とか、福島とか、関西、ありがとうございました。上智大学の留学係り、私がこられ たことしてくれてありがとうございました。先生達も豊かな習う経験、ありがとうございました。ジョージメーソンのス タッフもこの留学の機会をくれてありがとうございました。留学部と財政援助部と日本語部といろいろ授業を認めてくれた先生、ありがとうございました。日本 にいるあいだにあったメンター、会えていろいろ習えった機会ありがとうございました。寮のスタッフ、止まる場所と食べ物、ありがとうございました。外国人 も、ありがとうございました。JASSO、すばらしい奨学金、ありがとうございました。お金とか祈りをくれた家族と友達、ありがとうございました。あなた がたの支援をもらったのは大きい励ましです。まだ言っていない人たち、ありがとうございました。日本、ありがとうございました。よい神様、ありがとうござ いました。この一年間は豊かだったんです。いつか、帰ってきますよ。 さようなら。 Sorrow and joy. Reminiscence and regret. Love, and heartbreak. Hopes fulfilled and unfulfilled. Asking ‘What if?’ about the past, and ‘What … Continue reading

Posted in Gaijin's Dream | Tagged , , , , , | 1 Comment

白昼夢 Waking Dream

(日本語が苦手なので、また、間違えがあったら、教えてくださいね。) 毎日起きると、腹時計は私に帰る日まで何日間を知らせる。10日。9、8、7、6。カウントダウンみたいだ。今まで考えなかったけど、本当に終わりにリフトオフもあるね。 毎日私の心が避ける。アメリカにいる家族とか友達にまた会うことを楽しみにしていないわけじゃない。楽しみにしている。けれど、まだ日本を出たくない。一年間いろいろできた。富士山に登ったり合気道の茶帯になったり、数えられないほど日本人友達をつくったり(各人尊い)まだ書いていないことをしたりした。しかし、日本でしたいことはまだ多い。まだ黒帯じゃないし、まだ日本人みたいに日本語を話せないし、行ったことはない場所も多い。一番つらいのは友達と離れると、さびしい。 つらい。なぜかというと、帰る前にみなさんもう一回会いたい。でも、友達が多いということの悪点の一つは出るときに皆さんに挨拶するのは無理だ。集まりに行ったり訪問したりしてがんばっても、人のスケジュールとか生活の動き方によって、会えない人が残っている。今、特にその友達の気になっていて持つとしている。起きている誰かがその白昼夢から朝明けに引っ張られるまでその夢を持つように持っている。 Every day I wake up, an internal clock reminds me how many days before I go back. 10 days. 9, 8, 7, 6. Like a countdown. I didn’t think about it until now, but ironically, there … Continue reading

Posted in Gaijin's Dream | Tagged , , , | 1 Comment

日本を記念している Remembering Japan

(私は日本語が苦手だし、とくにこのポストで日本のことを尊敬したいですので、間違えがあったら、教えてください。) 一週前このポストを書きたかったけど、いろいろ理由のため、なかなか出来ませんでした。もうしわけありません。それにしても、日本の3.11被災者を記念したい(Remember?)と思います。 二月の間に、福島県でボランティアしました。その間に、英語を教えたり、幼稚園のために手仕事したり、仮設住宅に訪ねたりいろいろ仕事したりしていました。仕事が本当にたくさんあるので、私のしたことは効果があったかどうかわかりません。もっとしたかったんだけど。 これからも、やらなければならない仕事がすごくあるんですよ。二年間が立ったのに、たくさんの仕事がもうされたのに残っている仕事のほうが多いです。たくさんの人々がまだ仮設住宅に住んでいるし、デブリはまだあるし、回復の道のりはまだ始まっていないみたいです。 日本よ。二年間が立ったのに私は覚えているよ。もっと助けることが出来るように、重い奨学金の借金を持ってアメリカに帰らなければならない学生じゃないと望む。あなたのために、あなたとともにがんばって働いて町を立て替えるようにプロ建設労働者だと望む。すべてをあげることが出来るように、お金持ちの人だと望む。けれど、私の人生はそんな道に導かれなかった。それにしても、あなたを覚えていて、アメリカにいる間にも、日本にいる間にも、できるだけ、助けるよ。 I wanted to write this post a week ago, the day of, but various reasons kept me from doing so up until now. It is no excuse, but even so, I want to remember the … Continue reading

Posted in Gaijin's Dream | Tagged , , , , , | Leave a comment